Step by Step Ruby on Rails

Ruby on Railsで実際にWebサイトを構築する手順をまとめています。

Rubyによる文字列操作

Rubyによる文字列操作の方法をinteractive Ruby (irb)を使って確認しました。

●interactive Ruby (irb)の起動方法

$ rails console

Loading development environment (Rails 3.2.11)

(1)コメント

Rubyでは、"#"のもじから行の最後までコメントとして無視します。

irb(main):001:0> 17 + 42   # Integer addition
=> 59

(2)文字列操作

1)ダブルクォート

・文字列として使用する場合は、ダブルクォートで囲む。

irb(main):002:0> ""
=> ""

irb(main):003:0> "foo"
=> "foo"

2)文字列を結合

"+"で文字列を結合

irb(main):004:0> "foo" + "bar"    # String concatenation
=> "foobar"

irb(main):007:0> first_name = "Michael"
=> "Michael"

irb(main):008:0> last_name = "Hartl"
=> "Hartl"

irb(main):009:0> first_name + " " + last_name    # Concatenation, with a space in between
=> "Michael Hartl"

3)変数の値に置き換え

#{}を使って変数に置き換える事が出来る。

irb(main):005:0> first_name = "Michael"    # Variable assignment
=> "Michael"

irb(main):006:0> "#{first_name} Hartl"     # String interpolation
=> "Michael Hartl"

irb(main):010:0> "#{first_name} #{last_name}"    # The equivalent interpolation
=> "Michael Hartl"

4)シングルクォート

文字列をシングルクォートで使う事も可能

irb(main):014:0> 'foo'
=> "foo"

irb(main):015:0> 'foo' + 'bar'
=> "foobar"

※ただし、#{}による置き換えはシングルクォートでは不可。

irb(main):016:0> '#{foo} bar'
=> "\#{foo} bar"

5)特殊文字

"#"や"\"などの特殊文字を文字として表示したい場合は、シングルクォートを使うとそのまま表示する事ができる。

ダブルクォートを使用する場合は、特殊文字を"\"でエスケープする必要がある。

irb(main):025:0> print "foo\n"
foo
=> nil

irb(main):027:0> print "foo\\n"
foo\n=> nil

irb(main):026:0> print 'foo\n'
foo\n=> nil


(3)文字列を表示

1)表示して改行

irb(main):011:0> puts "foo"     # put string
foo
=> nil

2)改行せずに表示

irb(main):012:0> print "foo"    # print string (same as puts, but without the newline)
foo=> nil

irb(main):013:0> print "foo\n"  # Same as puts "foo"
foo
=> nil