Step by Step Ruby on Rails

Ruby on Railsで実際にWebサイトを構築する手順をまとめています。

gitでブランチを作成、コミット、マージする手順

コードの修正を行う際の方法として、gitでブランチ作成、コードの修正、コミット、マスターへのマージを行う手順をまとめました。
 
README.rdocという名前のファイルの拡張子とファイルの中身変更を例に説明します。
 
1)ブランチの作成
 
"-b"フラグでチェックアウトし、ブランチを作成します。

$ git checkout -b modify-README

Switched to a new branch 'modify-README'

ブランチのリストを表示します。
$ git branch

  master
* modify-README

 
2)コードの修正
 
ここでは、README.rdocの拡張子の修正、ファイルの中身の修正を行います。
 
①ファイルの拡張子を変更
 
$ git mv README.rdoc README.md
 
②ファイルの中身を修正
 
$ vi README.md
 
③修正後のステータスを確認
 

$ git status

# On branch modify-README
# Changes to be committed:
#   (use "git reset HEAD ..." to unstage)
#
#       renamed:    README.rdoc -> README.md
#
# Changed but not updated:
#   (use "git add ..." to update what will be committed)
#   (use "git checkout -- ..." to discard changes in working directory)
#
#       modified:   README.md
#

 
3)コミット
 

$ git commit -a -m "Improve the README file"
[modify-README 7d3964b] Improve the README file
 2 files changed, 5 insertions(+), 261 deletions(-)
 create mode 100644 README.md
 delete mode 100644 README.rdoc

 
4)マージ
 
ブランチでコミットした内容をマスターにマージします。  

$ git checkout master

Switched to branch 'master'

$ git merge modify-README

Updating 27ad48e..7d3964b
Fast-forward
 README.md   |    5 +
 README.rdoc |  261 -----------------------------------------------------------
 2 files changed, 5 insertions(+), 261 deletions(-)
 create mode 100644 README.md
 delete mode 100644 README.rdoc

 
5)ブランチの削除
 
マスターにマージしたので、不要になったブランチを削除します。
 

$ git branch -d modify-README

Deleted branch modify-README (was 7d3964b).

 
6)GitHubへプッシュ
 
マスターのコミットが終了したので、GitHubにプッシュします。
 
$ git push
 
7)実行確認
 
ブラウザでGitHubの管理画面にアクセスし、修正内容が反映されている事を確認します。