Step by Step Ruby on Rails

Ruby on Railsで実際にWebサイトを構築する手順をまとめています。

gemのインストール場所、GEM_HOMEについて

RubyGems、Bundler、RVMの関係、RVMを使用した場合のgemのインストール場所、GEM_HOMEとそれ以外の場合についてまとめて整理しました。
 <br />
●RubyGemsとgemコマンド<br />
 <br />
・Ruby言語用のパッケージ管理システム。<br />
・gemコマンドでRubyソフトウェアパッケージ(gem)を簡単にダウンロード、インストール。<br />
・Rubyソフトウェアパッケージ(gem)のインストール先は、環境変数$GEM_HOME又は"gem environment"で確認できる。<br />
※詳細は以下の記事参照。<br />
RubyGemsとgemコマンドの概要<br />
 <br />
●Bundler<br />
 <br />
・Railsアプリで使用するRubyソフトウェアパッケージ(gem)のバージョン、依存性の管理が出来る。<br />
・"Gemfile"という名前のファイルで設定を行う。<br />
・"bundle install"などのコマンドを実行すると"Gemfile"に記述されている各パッケージがgemコマンドを使ってインストールされる。<br />
Gemfileの記述例)<br />
<pre>
source &#39;http://rubygems.org&#39;

gem &#39;rails&#39;, &#39;4.1.5&#39;
gem &#39;sqlite3&#39;
gem &#39;sass-rails&#39;, &#39;~&gt; 4.0.3&#39;
  :
</pre>
・Rubyソフトウェアパッケージ(gem)のインストール先は、環境変数$GEM_HOME又は"gem environment"で確認できる。<br />
※Bundlerの詳細は以下の記事参照。<br />
Bundlerの概要、使用方法<br />
 <br />
●Ruby Version Manager(RVM)<br />
 <br />
・複数のRuby実行環境の導入、管理を容易に実施できるコマンドラインツール。<br />
・複数のバージョンのRubyをシステム単位やユーザー単位にインストール、管理することができる。<br />
・"rvm use ruby-2.x.x"などのコマンドを実行して、使用するRubyのバージョンを切り替えることができる。Rubyのバージョンを切り替えると、それに応じてgemのインストール先(環境変数$GEM_HOMEの値)やRubyのパスが切り替わる。<br />
例)<br />
<pre>
$ rvm use ruby-2.0.0
Using /home/sample/.rvm/gems/ruby-2.0.0-p648
 
$ which ruby
~/.rvm/rubies/ruby-2.0.0-p648/bin/ruby

$ echo $GEM_HOME
/home/sample/.rvm/gems/ruby-2.0.0-p648
</pre>
※詳細は以下の記事参照。<br />
RVMを使ってRubyのインストール、複数のバージョンのRubyを管理<br />